子宮頸がんの本当の怖さは、
知られていないこと」かもしれない。
若い世代に増えている?
子宮(けい)がんは、20-30代の女性でも発症します。
その発症率は、年々増加傾向にあります。
でも、子宮頸がんには、予防する方法があります。
子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題
子宮頸がん 私の問題
子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題
子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題
20代~30代女性の子宮頸がん発症率(10万人あたり)
国立がん研究センターがん対策情報センター 地域がん登録全国推計によるがん罹患データ(1975年~2010年)より作図
発症年齢のピークは?
「出産年齢」のピークは、30代前半。
そこに、子宮(けい)がんの「発症年齢」のピークが
重なってきています。
子宮頸がんのこと、正しく知ってください。
※データには上皮内がんも含みます。
子宮頸がん 私の問題
子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題
子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題
女性の出産年齢と年齢別子宮頸がん発症率
厚生労働省 平成22年人口動態統計月報年数(概数)母の年齢別 出生数の年次推移より作図/
国立がん研究センターがん対策情報センター 地域がん登録全国推計によるがん罹患データ(1975年~2010年)より作図
子宮頸部の一部を切除?
子宮(けい)がんは、早期に見つかれば、子宮を温存し、
将来の妊娠・出産の可能性を残すことができます。
現に、年間約9,000人の女性が、
子宮の一部を切除する円すい切除術※を受けています。
ただし、手術のあとも流産・早産等を含む
後遺症に悩まされることがあります。
※子宮頸がんによる円すい切除術は、レーザーや高周波ループなどを使用して、
がんのできているところを含めて子宮頸部の一部を円すい状に切除する方法です。
子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題
出典:日本産科婦人科学会 婦人科腫瘍委員会報告 2012年度患者年報
ほとんどの女性が感染?
子宮(けい)がんの原因は、
ヒトパピローマウイルス(HPV)という、
ごくありふれたウイルス。
性交経験がある女性の80%以上が、
50歳までに感染を経験するといわれています。
多くの場合、感染は一時的なものですが、
長く感染がつづいた場合、
がんの原因になることがあります。
子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題
性交経験がある女性のHPV感染率
出典:米疾病対策予防センター(CDC) http://www.cdc.gov/vaccines/pubs/pinkbook/hpv.html
自分が発症するかも?
子宮(けい)がんは、決して特別な病気ではありません。
日本では、女性の約76人に1人が、
生涯にかかるリスクがあります。
子宮頸がんのこと、正しく知ってください。
子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題
出典:国立がん研究センターがん情報サービス http://ganjoho.jp/professional/statistics/backnumber/2013_jp.html
検診受診率、日本は?
初期の段階では自覚症状がない子宮(けい)がんは、
検診で早期に発見することが重要。
日本の検診受診率は、残念ながら、
先進国の中でも低い割合になっています。
子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題
世界各国の子宮頸がん検診受診率
OECD加盟国における20~69歳の女性(2011年)
出典:OECD Health Statistics 2013, http://dx.doi.org/10.1787/health-data-en
亡くなる人が、こんなに?
日本では、年間約10,000人が子宮(けい)がんを発症。
特に若い年齢層(20-39歳)の患者さんが
増加傾向にあります。
毎年、約3,000人の女性が子宮頸がんで
亡くなっています。
子宮頸がんには、予防する方法があります。
子宮頸がんのこと、正しく知ってください。
子宮頸がん 私の問題
子宮頸がん 私の問題
子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題
出典:国立がん研究センターがん対策情報センター 人口動態統計によるがん死亡データ(1958年~2013年)
子宮頸がん予防情報サイト「もっと守ろう.jp」
子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題
子宮頸がん 私の問題 子宮頸がん 私の問題