• 白線
  • 近年、若い世代の女性に増えている、
    子宮頸がん。
    このサイトでは、実話にもとづいたショートストーリーや、様々なデータを通じて、
    決して他人ごとでない子宮頸がんの事実を伝えていきます。
  • 白線
  • 子宮頸がんショートストーリー1 短編小説「彼女の秘密」。マンガ「医師の真実」。作:藤井清美 画:ひうらさとる
  • 彼女の秘密

    医師の真実

  • 『人の誕生から終焉まで全てのところに関わるのが医者なら、生の部分に関わりたい』と産婦人科医を志した夏目。
    だが、夏目は子宮頸がんの女性たちの“生き方”と向き合っていくことになる。
    一人はシングルマザー。一人は夫と二人三脚。
    それぞれの女性の闘病と選択の行方は――。
  • マンガを読む 短編を読む マンガを読む 短編を読む
  • 子宮頸がんショートストーリー2 短編小説「新しい一歩」マンガ「もう一度 新しい一歩」作:藤井清美 画:ひうらさとる
  • 新しい一歩

    もう一度 新しい一歩

  • 母と娘は長い間、反発しあってきた。
    だが、ある日、娘に子宮頸がんという病名が告げられる。
    手術と向き合い、職場復帰の壁を越える時、母と娘はそれぞれに悩み、苦しむ。
    そして、母と娘の関係にある変化が・・・。
  • マンガを読む 短編を読む マンガを読む 短編を読む
  • 子宮頸がんショートストーリー3 短編小説「自分の人生を丁寧に」マンガ「扉の向こう」作:黒崎薫 画:ひうらさとる
  • 自分の人生を丁寧に

    扉の向こう

  • 子宮頸がんと診断され、子宮摘出の手術を受けた京子。病気を患ってから京子は、たくさんの感情と闘ってきた。
    検診を面倒に思い先送りにした後悔。病気に対するやり場のない怒り。手術への不安。
    そんなとき、同僚の心ない言葉が突き刺さる。
    後ろ向きな感情を乗り越え、再び前を向いて歩き始めるため、京子は……。
  • マンガを読む 短編を読む マンガを読む 短編を読む
  • 子宮頸がんショートストーリー 4 短編小説「姉の闘い」マンガ「家族の闘い」作:藤井清美 画:ひうらさとる
  • 姉の闘い

    家族の闘い

  • 結婚を前に子宮頸がんだと診断されたあすか。
    気丈に振る舞う頑張り屋の彼女には、最期の瞬間まで周囲に隠し続けた想いがあった。
    あすかの父、母、そして妹。
    傷ついた家族に届いた あすかからのメッセージとは…。
  • マンガを読む 短編を読む マンガを読む 短編を読む
  • 本ショートストーリーは、子宮頸がんの治療にあたっていらっしゃる医師や、実際に子宮頸がんを発症された方、そのご家族のインタビューをもとに作成しておりますが、子宮頸がんを発症された全ての方が同様の経過をたどるわけではありません。

藤井清美

当サイトで展開する、マンガ・短編小説の原作者。
徳島県で育つ。筑波大学卒業。
大学在学中に劇団青年座に入団し、劇作・演出家として多くの舞台に携わる。
日本テレビシナリオ登龍門優秀賞を受賞し、映像にも進出。
映画では「るろうに剣心」シリーズや、ドラマでは『ハクバノ王子サマ~純愛適齢期~』『恋愛時代』等の脚本を手掛ける。
01.
彼女の秘密
02.
新しい一歩
04.
姉の闘い
01.
医師の真実
02.
もう一度 新しい一歩
04.
家族の闘い

黒碕薫

当サイトで展開する、マンガ・短編小説の原作者。
神奈川県横浜市生まれ、ブラジル・サンパウロで育つ。桜美林大学中国文学科卒。
小説1994年『天使たちの惑星』でデビュー。
TVアニメ『キャプテン翼』
ゲーム『3年B組金八先生伝説の教壇に立て!』などの脚本を手掛ける。
日本推理作家協会会員。
03.
自分の人生を丁寧に
03.
扉の向こう

ひうらさとる

当サイトで展開する、マンガの作者。
大阪府生まれ。
1984年 雑誌『なかよし』にて「あなたと朝まで」でデビュー。
代表作に「月下美人」「プレイガールK」「ホタルノヒカリ」「ヒゲの妊婦(43)」など。
01.
医師の真実
02.
もう一度 新しい一歩
03.
扉の向こう

04.
家族の闘い